中学受験を決める前に約束すること

中学受験をする理由は、お子さんによってそれぞれです。ご両親の希望かもしれませんし、仲良しのお友達が中学受験をするからかもしれませんね。キッカケはささいな事でも、中学受験をする決意をしたのであれば、まずはその意欲を褒めてあげたいところです。


しかし、その決意を固めてしまう前に、お子さんに伝えておかなければいけないことがいくつかあると思います。まず、毎日決まった時間は必ず勉強しなくてはいけないこと。(具体的な時間も伝える)
進学塾へ通うようになるので、今まで通りのようには遊べなくなってしまうこと。ただ、塾の授業を受けるだけでなく、受験が近くなればどんどん宿題も増えていくこと。他のお友達の多くは公立中学へ上がるので、小学校を卒業したら離れ離れになってしまうこと。

そういった努力が本当に必要であり、一度やると決めたら必ず受験をして途中で投げ出さないことをきちんとお子さんに約束させる必要があります。中学受験には家族のサポートが欠かせません。しかし、勉強をし、受験をするのはお子さんだからです。そのお子さんが自分で、自分の進路を決めると決断することが大切です。


この、最初の話し合いをしないまま、たまたまお子さんが進学塾を気に入ってくれてそのまま順調に事が進むというケースもないことはありません。しかし、話し合いをしなかったばかりに、親が子どもを叱り付けて無理に受験させる事となってしまいあとあと、お子さんとの仲が悪くなってしまうケースも少なくありません。


中学受験をするかしないかは、あくまでお子さんの意思です。何度でも話しあい、何度でも説明して、納得して受験に挑むようにしてください。

この記事のタグ

サイト内関連記事

中学受験をすることをいつ小学校に連絡するのか?
小学校は児童が進学する中学校に対して、成績表など報告書(中学・高校では内申書・調......
子どもが「やる気」をなくしてしまった時は...
中学受験では途中から勉強をしなくなってしまうお子さんが、少なくありません。最初は......
中学受験に取り組む「やる気」の出させ方
「うちの子のやる気を出すにはどうしたらいいんだろう?」 そう思われることはありま......
中学受験に備えた体づくり
長い受験勉強の間、お子さんが体を壊して学校や塾を休まないで済むように 健康管理......
どうして勉強しなくてはいけないの?
「どうして勉強しなくてはいけないの?」「どうして学校へ行かなければいけないの?」......
中学受験する子どもを持つ親のこころがまえ
中学受験は、お子さんが一人でするものではなく、家族全員が一丸となって協力するもの......

▲このページのトップへ