中学受験をすることをいつ小学校に連絡するのか?

小学校は児童が進学する中学校に対して、成績表など報告書(中学・高校では内申書・調査書と呼ばれる)を送る必要があるので、中学受験をするのであればきちんと小学校の担任の先生に報告しなければいけません。


小学校への報告は早い方だと小5の頃から伝えるようですが、小6になり、家庭訪問の時や二者面談の時に持ちかけられる方が多いようです。直前になって慌てないように、出来るだけ早く伝えておいた方が良いでしょう。また、先生によっては志望校の情報を教えてくれる事もありますが、基本的に小学校は中学受験に関しては関与しません。

地方では中学受験をせずにそのまま公立へ上がるお子さんもかなりたくさんいます。ですから、あまり受験することを口外してもらいたくない時は、念の為、一言伝えておくと良いでしょう。


一方、お子さんにとっては、皆が当たり前のように公立へ進むと思っている中で、自分だけ中学校が別になることを伝えるのはけっこう勇気がいることです。ごく仲の良い友達に、直前に言うお子さんも多いようですが、そういう噂は一度広まると一気に伝わるものです。

しばらくすれば落ち着きますが、最初のうちは物珍しさから何か言われることもあるかもしれません。
家に帰ってきた時に、それとなく話を聞いてあげ、心の負担を軽くしてあげてください。

この記事のタグ

サイト内関連記事

子どもが「やる気」をなくしてしまった時は...
中学受験では途中から勉強をしなくなってしまうお子さんが、少なくありません。最初は......
中学受験に取り組む「やる気」の出させ方
「うちの子のやる気を出すにはどうしたらいいんだろう?」 そう思われることはありま......
中学受験に備えた体づくり
長い受験勉強の間、お子さんが体を壊して学校や塾を休まないで済むように 健康管理......
どうして勉強しなくてはいけないの?
「どうして勉強しなくてはいけないの?」「どうして学校へ行かなければいけないの?」......
中学受験する子どもを持つ親のこころがまえ
中学受験は、お子さんが一人でするものではなく、家族全員が一丸となって協力するもの......
中学受験を決める前に約束すること
中学受験をする理由は、お子さんによってそれぞれです。ご両親の希望かもしれませんし......

▲このページのトップへ