マインドマップ:画期的なノート術

中学受験をする上で是非、オススメしたいノート術をご紹介します。
amazonで関連本が常に上位にランクインしているマインドマップです。


マインドマップは、その名前から、何か精神分析のようなものを連想しがちですが、そうではありません。
google本社で採用されている、脳のメカニズムにもとづいた画期的なノートのとり方です。

限られた時間の中で、効率よく勉強するには脳のしくみを知り、脳のはたらきにあった勉強の仕方をした方が
無駄なく理解していけます。実際、マインドマップは千代田区の九段小学校などで実際に授業にとりいれられ
その高い教育効果が実証されているます。


ですから、大人でなければ使いこなせないという事は全くありません。
むしろ、カラフルで絵をたくさん描き込むので、小学生の頭に一番、なじみやすく理解しやすいノート術かもしれません。


最近はサキヨミなどでご活躍されている経済評論家の勝間和代氏が著作でこのマインドマップを勧めています。
一度、書き方を覚えてしまえば一生ずっと使えるノート術です。
私もこのマインドマップにを使ってメモをとるようになってから、
今までの勉強の仕方では思いつかなかったようなアイデアが浮かんでくるようになりました。
これを、お子さんが知らないのはもったいないです。是非、一度ご覧になってみてください。

この記事のタグ

サイト内関連記事

中学受験をする学校の文化祭へ行ってみよう
中学受験をするのであれば、必ずお子さんと一緒に行って頂きたいのが「文化祭」など......
中学受験に役立つ雑誌
中学受験の体験談も含め小学生のお子さんを持つ家庭向けに発刊されている雑誌を紹介......

▲このページのトップへ