中学受験に向けて進学塾を調べる

進学塾を選ぶ時はどのような準備をし、何を調べれば良いのでしょうか?

進学塾というのは、あくまでお子さんの勉強を補足してくれる場所です。
塾が成績を上げたり合格させてくれたりしてくれるわけではありません。
ですから、進学塾を選ぶ時にはまず、まず、お子さんが何を必要として、どういう部分を塾に補ってもらうのか整理することから始めます。

・苦手な科目、単元
・作文は得意か苦手か
・普段の家庭学習の時間
・お子さんの勉強に対する態度、姿勢
・勉強に関して、得意なこと、苦手なこと
・進学塾の先生に知っておいてもらいたいこと
・お子さんが中学受験をするにあたって、どこを進学塾に補助してもらいたいか
・(進学塾に頼りきりにせず)自分達できちんと努力すること

この時、進学塾を選ぶ上で外せない条件を書き出し、優先順位をつけておくと後で役立ちます。
それが終わったら、さっそく資料を集め、入塾相談に出かけましょう。ここでチェックするのは対応してくれた先生の人柄です。

・教師がこちらの話にきちんと耳を傾けてくれたかどうか
・お子さんの褒めるべきところは褒め、直していかなければいけないところをきちんと指摘してくれたかどうか
・お子様から質問した時に、分かるまで丁寧に説明してくれたかどうか
・こちらが質問したことで、その教師が答えられない事があった時に、
 回答期限を設け、また、自らが口にした期限内にきちんと返事をくれたかどうか

親が先生を信用していないと、その姿勢を子供が敏感に感じとり、相手の言うことを聞かなくなります。
ですから、お父さん、お母さんが先生と信頼関係を築くことは非常に大切なことなのです。
授業の内容や、中学受験に対する具体的な質問をしながら、その時の先生の回答や視線をよく見てください。
そして、一緒にお子さんの為に頑張ってくれると、心から信頼できる塾を選んでください。

この記事のタグ

サイト内関連記事

中学受験に進学塾は絶対に必要?
地方で中学受験をするのにも、進学塾に通わなければいけないのか? 中学受験を考えは......
中学受験の合格の目安と勉強法
合格する為に、いったいどの程度の学力を身につければ良いのか。 偏差値はどの程度......

▲このページのトップへ