中学受験に進学塾は絶対に必要?

地方で中学受験をするのにも、進学塾に通わなければいけないのか?
中学受験を考えはじめたときに、まず考えることです。

実際には、地方でも中学受験をする小学生のほとんどが進学塾に通っているようです。
中学受験のために進学塾に通う理由は3つあります。

一つ目は、入試問題に対応できる学力を身につけるため
二つ目は、最新の受験情報を手に入れるため
三つ目は、よりよい環境で中学受験の勉強をするためです。


中学受験では、小学校で学習する内容をもとにした、教科書には出てこないような応用問題が出題されます。
そのため、小学校で学習する内容が出来るだけでは、中学受験の入試問題を解けるようにはなりません。

また、中学受験では中学校ごとに、入試科目が異なり、出題される傾向も様々です。ですから、合格するためには
過去の入試の傾向など受験情報の分析と志望校にあわせた受験対策が欠かせません。

そして、小学校も高学年になると、クラブ活動も楽しいですし、友達とも遊びたい時期です。
地方では、まだまだ中学受験をしない同級生の方が多いので、自分だけ自宅で受験勉強をするのは子供に
とって大きなストレスです。進学塾では「中学受験」という同じ目標をもった友達ができるので、
精神的にも安定しやすくなります。

この記事のタグ

サイト内関連記事

中学受験に向けて進学塾を調べる
進学塾を選ぶ時はどのような準備をし、何を調べれば良いのでしょうか? 進学塾という......
中学受験の合格の目安と勉強法
合格する為に、いったいどの程度の学力を身につければ良いのか。 偏差値はどの程度......

▲このページのトップへ