中学受験の対策は、いつからはじめるの?


地方の中学受験の準備は、だいたい小4の秋~小5の初夏くらいから始めるのが一般的です。
何故なら、入試の出題範囲は小5・6年生で習うものがほとんどだからです。
ですから無理をして低学年の頃から進学塾へ通ったり、家庭教師を雇ったりする必要はありません。
まずは小学校で習うことをきちんと理解することと、自宅で勉強する習慣を身につける事が大切です。

中学受験と言うと、すごく難しい問題が出ることをイメージするかもしれませんが、
実際は小学校で学習する内容をしっかりと理解している事が一番大切です。
また、自宅での学習習慣がないと、せっかく進学塾に通っても、なかなか成績はあがりません。

それから、1~2年先の試験の日に向けて受験勉強をしていくのは、小学生にはとても大変な事なのです。
そう、中学受験は勉強だけではなく、意外と体力勝負なのです。
受験に負けない丈夫な体を作るために、早寝早起きをし、朝ごはんをしっかりと食べて、規則正しい生活が出来るようにしましょう。
これらの学習習慣や規則正しい生活習慣は、簡単に身につくものではありません。
ですから、中学受験を検討しているのであれば、出来るだけ早いうちからこのような習慣だけは身に付けられるようにしてください。

この記事のタグ

サイト内関連記事

中学受験の面接対策【1】
中学受験では学科試験の他に面接(親子そろって)を実施する学校がほとんどです。 ......
中学受験の面接対策【2】
←【1】より (4)本番を想定して、交互に質問に答え、慣れていく お子さん向け......

▲このページのトップへ